忍者ブログ
金融情報ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アホ毛(「あほげ」「あほ毛」などとも表記)とは、漫画・アニメ・ゲームなどで、頭部から1本(または複数本)触角のように飛び出して立っている毛のことを指す用語。

 

「アホ毛」という言葉が一般化する以前は「触角」・「アンテナ」と呼ばれていた。現在では「触角」はアホ毛が2本飛び出していることを指すことが多い。

 

意味は「跳ね髪」「跳ねっ毛」「はぐれっ毛」等と同じだが、一般的な跳ね髪は、本人が髪の毛をまとめようとしても上手くまとまらずに止むを得ず飛び出してしまっているのに対し、アホ毛はその存在自体がキャラクターの外観の設定を構成する要素となる(つまり、常時アホ毛のあるキャラクター、というものが当然に存在し得る)。また、これを更に拡張し、アホ毛自体に特殊な能力を持たせる例や、感情や表情の変化に応じてアホ毛の形状が変化する例もある。また、萌えの対象である。

 

アホ毛は女性キャラクターに多く見られるが、『ケロロ軍曹』の日向冬樹や『鋼の錬金術師』のエドワード・エルリック、『ぷよぷよフィーバー』のシグ、『ハレのちグゥ』のハレ、『P2! - let's Play Pingpong! -』の藍川ヒロムなど、男性キャラクターにも(女性ほどではないが)存在する。

 

呼称としては定着している感じのある言葉だが、「アホ」が罵倒用語であることから商業ベースの出版物やテレビアニメでは通常、用いられていない。

 

なお、磯野波平(『サザエさん』)のように、禿頭で頭頂部から1本毛が生えているだけの場合は、アホ毛とは呼ばれない(波平スタイルなどと呼ばれる)。アホ毛はあくまでも、他にも多数の毛髪が頭頂部に存在している場合に、それにも関わらず他の髪の毛から飛び出しているものに対する名称である。

 

また、設定上の外観にアホ毛が含まれていないキャラクターにおいても、疲れ切っていたり落胆したりしている際に、その様子を外観的特徴で表すべく複数本の髪の毛が跳ねている状態が描かれることがあるが、これをアホ毛と呼ぶかどうかははっきり定まっていないらしい(要検証)。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

ガルシアマルケス  ミスパリ

PR

身体の装飾や地位・身分を表したり、目印や信仰のためなど、入れ墨を入れる理由は多様である。 入れ墨とタトゥーは、皮膚に色を刺す行為自体は同じなので、用語以外に違いはなく、翻訳の際には混同される。

 

入れ墨の絵は単純な模様から、複雑な模様まで多くある。皮膚に色を刺す行為は古代から世界中であり、成人男子や既婚の女性であるなど、身分や所属の違いを表すことが多かった。

 

近年では専らファッションとして入れられることが多いが、日本では江戸時代に刑罰の印しとして墨を入れられたことや、明治政府の禁止などで彫師の存在が違法となり、地下に潜ったため、現代でも公衆浴場や遊園地、ジムの入場を断られたり、周囲に悪い噂が立つなど、社会生活上の不都合も少なくない。

 

フィリピンでは入国の際、入国を待つ列から無作為に選び、Tattooチェックをする。タトゥーが見つかると、入国拒否をチラつかせながら、暗に裏金を要求する空港職員がいる[要出典]。この場合、無作為(ランダム)に列から選ばれるので、外見に気をつけていても関係ない。こういった話は、ベトナムにもあるようだ。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

キャスキッドソン  タトゥー



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索