忍者ブログ
金融情報ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

共用カード(きょうようかーど)とは、日本郵政公社と提携した事業者のカードに、郵便貯金キャッシュカード機能(正式には郵便貯金キャッシュサービス機能)を追加した一体型カードである。一般的には郵便貯金(郵貯)共用カードと通称されるが、実際のカード名称は各提携先事業者により様々である。また、郵便貯金ホームページでは「ジョイントカード」とも案内されている。

 

2005年(平成17年)815日現在、カード種類は143種類、カード発行会社数は56社である。

 

共用カードの歴史

1984

 

日本信販(現UFJニコス)が郵政省(現日本郵政公社)の認定を得て、「日本信販・郵便貯金ジョイントカード」を発行。(認定第1号)

 

1986

 

日本信販がビザ・ジャパン協会(現VJA)と提携して、「VISA・郵便貯金ジョイントカード」を発行。(認定第33号)

 

※当時日本信販はVISAインターナショナルのライセンスを保有しておらず、ビザ・ジャパン協会のライセンスを一時的に借り受けて発行。その後日本信販はVISAインターナショナルからスペシャル・ライセンシー(正会員ではなく特別会員)のライセンス供与を受け、VISA・郵便貯金ジョイントカードをNICOSVISA・郵貯カードとして発行している。

 

2001

 

共用代理人カード(共用カードの家族カード)を発行。

 

2005

 

日本信販・クレディセゾン・JCBが郵貯ゴールドカードを発行。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

ライフカード 

ライフカード 申込

PR

錬金術は現代化学を生み出す元となった炎は有機物の酸化反応によって放出される熱エネルギーの現れであるから、化学の歴史は人類が火を扱いはじめたときから始まっているとも考えられる。金あるいは銀以外の金属は、自然界には酸化物ないしは硫化物として産出するので、古代における青銅器・鉄器などの金属精錬も化学反応である還元反応を知らずと利用しているのである。

 

古代ギリシアにおける学問の発展はアリストテレスにより大成されたが、その理論に基づいてアレキサンドリアで錬金術が学問化された。これは、アラビア世界に伝達されてアラビア科学の一部となり、中世ヨーロッパにおいて、天文学、数学、医学と同様にラテン語に翻訳された。金を他の物質から作ろうとする錬金術が盛んになり、様々なものを混ぜたり加熱することが試みられ、結局、金は得られなかったが、その副生物として各種薬品が生み出された。この錬金術が化学のルーツとされる。ただ当時は、化学変化を引き起こす真理を探求する学問と言うよりは、実験的事実を集積する博物学的学問であった。

 

近代に入ると、化学反応を定量的なアプローチで解釈するようになり、原子・分子の組み換えが化学反応の本質であることが理解されるようになった。しかし、化学反応の中心原理が何であるかは、物理学が原子の成立ちを解明する19世紀まで待つ必要があった。すなわち19世紀後半に展開した原子核と電子に関する物理学は、化学反応が原子と電子の相互作用に基づくことを解明した。

 

また20世紀に入ると、化学結合の性質が量子力学で支配される電子の挙動(分子軌道)に起因することが理解され、これが今日の化学の中心原理となっている。とはいうものの、今日において物理学の根本が量子論・相対論の時代であってもニュートン力学の価値がいささかも失われていないように、近代に確立した化学当量、オクテット則や酸化数あるいは有機電子論などの古典化学理論は、今日的な意味を失うものではない。

 

他また、有機化学と高分子化学も20世紀に発展を遂げ、一方では生物学との境界において多大な進歩をもたらし、生物学を全く新しいものとした。もう一方ではそれまで存在しなかった様々な物質が合成され、工業社会の大きな発展の元になり、同時に公害問題などにも深く関わるようになった。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

翻訳 化学

アラビアナイゼーションとは本来アラビア文字以外の文字で表記する言語をアラビア文字で表記すること。歴史上イスラーム圏の拡大と共に広まった。現在では本来の表記法に替わって用いられているものも少なくない。

全般

アラビア語では音訳せずに意訳や字義訳を行うことが慣例的に行われてきた。これは日本において明治時代や太平洋戦争の時期に外国語・外来語が日本語的もしくは漢語的な表現に置き換えられたことによく似ている。しかし最近では国際的な情報の行き来も激しくなり、日本と同様に横文字などの諸外国言語をそのまま音訳して取り入れる傾向はひじょうに強くなっており、とくにコンピューター関連の用語には顕著に見られる。その一方で、もともとアラビア地域にはないものや、なかった概念を字義的に訳す試みも行われている。

 

ひぐらしのなく頃に عندما تبكي حشرة الليل(夜の虫が泣く時間)

アラビア地域に「ヒグラシ」はおらず、砂漠地帯では「セミ」が生息していないことも多い。このため「ヒグラシ」という季語を伴った名を表現することができない。この例では「日暮れ」≒「夕」≒「夜」という字義訳によっている。また、アラビア語のオノマトペは特殊な文法を持っており、「~と鳴く」「~が鳴く」という動詞、あるいは「~という鳴き声」「~の鳴き声」という名詞を以って表現する。「ヒグラシ」がいない以上、「ヒグラシが鳴く」という動詞もアラビア語には存在せず、「泣く」という表現を以って代用されている。なお、アラビア語では「セミ」は「حشرة الزيز」という。これは「ズィーズィー(と鳴く)虫」という意味である。

こうしたものをアラビア語ではتعريب(タアゥリーブ)と呼び、「アラビア化する」「アラビア語に翻訳する」「アラビア語化する」といった意味を持つ。単に翻訳や音訳といった意味に留まらず、ひじょうに幅の広い字義を有する。古来から自然言語として広域で用いられてきたという歴史的背景に加え、アラビア人にはアラブ共同体という団結的意識が存在することによる概念と言える。

 

アラビアナイゼーションに限ったことではないが、異なる言語間には存在しない発音があり、それを表記する文字が元来存在しないということが起きる。また、アラビア語のように広域で使用される言語においては方言格差が顕著になる。アラビア語にも、他の言語と同様に、およそ標準語に相当するフスハーがあるが、現代語にあっては口語の比重が大きく、表記も必ずしもフスハーに準拠しない。

 

アラビア語における代表的な方言はエジプトで使われているものであるが、エジプト方言は慣習的にjの発音にあたるج(ジーム)とgの発音にあたるغ(ガイン)が同一視される傾向にある。この結果、他の言語をアラビア語に音訳する際にも両者の発音が混同・同一視されることがしばしば起きている。また、フスハーでは本来qの発音を持つق(カーフ)がuの短母音になるなども見られ、音訳でも同様の現象が起きることがある。

 

更に一部の方言ではح(ハー)とخ(ハー)とه(ハー)、خ(カー)とق(カーフ)とك(カーフ)といった似た発音が統合されているものもあり、音訳でもこれらが入れ替わるケースが存在する。

 

この他、アラビア語には特有の子音ض(ダード)やخ(ハー)といったdhの系統を持つ発音は複数あるも、フスハーにはpに相当する音が無く、従って正則的な文字には表記するものが存在しない。このためbの発音に相当するب(バー)で代用音訳する。現代口語では音訳元の発音に倣い、pとして読むこともあるが、すでにアラビア語として定着している語の多くはbで発音される。なお、ペルシア語や方言で使われるپを借用することもあるが、もともと当該文字が使われている地域以外では避けるのが無難であろう。これらと同様にvの発音もfに相当するف(ファー)に置換される。従ってtelevision(テレビジョン)はتلفزيونとなる。

 

アラビア語の発音や文法、言語の背景などについての詳細はアラビア語の項を参照。また、フスハー(正則アラビア語)、アーンミーヤ(口語や方言としてのアラビア語)も併せて参照されたい。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

英文校正

翻訳

銀行・証券提携カード

2006428日受付分で新規発行終了。2009427日までに全廃。シティバンク側の発表では2006331日終了となっているが、みちのく銀行側に対して一方的な通告だったため、受付終了を1ヶ月延期している)、静岡銀行、日興コーディアル証券(20051216日受付分で新規発行終了。20081215日までに全廃)に口座を所有している人はそのキャッシュカードと一体型のものを発行することが可能。この場合は当該銀行・証券会社の窓口でシティバンクのワールドキャッシュの振込入金口座への振込が無手数料となる。

 

参考リンクしずぎんワールドキャッシュ…内容が古いが、マエストロ関連のところを無視すればほぼ現在の内容に近い

 

JMBワールドキャッシュ

日本航空インターナショナル(旧日本航空)の提携により、シティバンクワールドキャッシュカードにJALマイレージバンク機能が付加されたものである(2006331日受付分で新規発行終了。2009330日までに全廃)。

 

 

JMB・郵貯ワールドキャッシュ

郵貯ジョイントカードの一種で、JMBワールドキャッシュに郵貯キャッシュカード機能が附いたものであり、郵貯窓口で「保留」手続を行う事で保留額相当が通常貯金口座から直接ワールドキャッシュ口座へプールされ、ワールドキャッシュ口座に残高が有る場合は「保留解除」の手続をすることで通常貯金口座へ戻せるようになっている。

 

 

かつてのワールドキャッシュ

かつての提携はCirrusであり、Maestroの提携もあったことから、海外でのデビットカードとしての利用も可能であった。しかし、現在のPLUSの提携になった際に、Maestroに代わる提携となるVISA Electronへの引き継ぎを行わなかったため、デビットカードとしての利用ができなくなってしまった。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

生活習慣病
糖尿病
素晴らしき世界

アレルギーは、その発生機序により大きく I から V 型に分類される。

 

I型アレルギー

IgEというタイプの免疫グロブリンが肥満細胞(マスト細胞)や好塩基球という白血球に結合し、そこに抗原が結合するとこれらの細胞がヒスタミンなどの生理活性物質を放出する。それにより、血管の拡張・透過性亢進などが起こり、浮腫、掻痒などの症状があらわれる。この反応は抗原が体内に入るとすぐに生じ、即時型過敏と呼ばれる。反応が激しく、全身に起こる場合には急速に血圧が低下するショックを来すこともある。これを、アナフィラキシーショックという アレルギー性鼻炎、気管支喘息、蕁麻疹等

 

II型アレルギー

IgGというタイプの免疫グロブリンが、抗原を有する自己の細胞に結合し、それを認識した白血球が細胞を破壊する反応である。代表的にはB型肝炎やC型肝炎などのウイルス性肝炎が挙げられる。ウイルスを体内から除去しようとする結果、肝細胞が破壊されるため症状を来している。

 

III型アレルギー

免疫反応により、抗原・抗体・補体などが互いに結合した免疫複合体が形成される。この免疫複合体が血流に乗って流れた先で、周囲の組織を傷害する反応である。溶血性連鎖球菌感染後糸球体腎炎が代表例である。

 

IV型アレルギー

抗原と特異的に反応する感作T細胞によって起こる。抗原と反応した感作T細胞から、マクロファージを活性化する因子などの様々な生理活性物質が遊離し、周囲の組織傷害を起こす。薬物アレルギー、金属アレルギーなどがある。IV型アレルギーはリンパ球の集簇・増殖・活性化などに時間が掛かるため、遅延型過敏症と呼ばれる。ツベルクリン反応、接触性皮膚炎などがある。

 

V型アレルギー

受容体に対する自己抗体が産生され、その自己抗体がリガンドと同様に受容体を刺激することで、細胞から物質が分泌され続けるために起こるアレルギー。バセドウ病が代表例である。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

レーシック Q&A



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索