忍者ブログ
金融情報ブログ
[46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

健康保険適用の保険義歯と健康保険適用外の自費義歯の2種類があり、診療内容や義歯に使用される材料の違いによって分けられる。 有床義歯には局部床義歯(部分入れ歯)と全部床義歯(総入れ歯)があり、局部床義歯は1歯欠損から1歯残存までの症例に使用される義歯の事を言い、全部床義歯は残存歯が全く無い症例に使用する義歯の事である。 部分床義歯は「床」「人工歯」「クラスプ」「レスト」「連結子」等から構成されており、全部床義歯は「床」「人工歯」のみで構成されている。

有床義歯の歴史的意義

歯牙を失った場合、それに代る人工臓器が齎されていなかった20世紀に発達普及した治療法である。デンタルインプラント治療が急速に普及しつつある21世紀初頭の今日、先進国では有床義歯とそれに関連する諸技術は、急速に過去のものとなりつつある。因みに日本では、情報的・経済的・技術的制約がなければ、殆どの患者が義歯を入れる治療よりも、インプラントを望む時代になってきている。

 

 今後は主に、発展途上国等でその存在意義を発揮することになるであろう。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

歯科学

歯周病
 

矯正治療
 

口腔内

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索