忍者ブログ
金融情報ブログ
[35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原因

目の内部を満たす硝子体は通常ゼリー状だが、加齢により一部が液状化し、 ゼリー状の硝子体が眼球の動きに連動して移動するようになる。 その際硝子体に網膜が引っ張られると、裂け目(裂孔)ができる事がある。 裂け目から水が入ると網膜がはがれ、網膜剥離となる。最悪の場合は失明する。

 

症状

裂け目ができた状態では飛蚊症を生じる事がある。網膜の刺激症状として光視症を訴える。

 

網膜がはがれると視野が狭くなり、剥離が網膜の中心部(黄斑部)に及ぶと急激に視力が低下する。

 

治療

裂け目ができた状態では外来によるレーザー治療で裂け目を埋めて治療する。 網膜剥離が生じた場合は外科手術で治療する。 剥離が発生してから時間が経てば経つほど元の視力に戻る可能性は低くなるため、早期手術が必要。 なお、レーザー治療に用いられるレーザーの強度はクラス3Bやクラス4の強力な物である。

 

検査

検査は眼科で行える。眼底検査で判定する。

 

40代以上になると硝子体の老化が進むため、網膜剥離に罹患する確率が高くなる。 また強度の近視の場合も確率が高い。 上記に該当する場合は半年~1年の範囲で定期的な検査が必要。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

レーシックを受ける動機

痩身エステの料金

エステ

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索