忍者ブログ
金融情報ブログ
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この技術を習得している者は鍵を破壊せずに開錠ができる。これが錠前屋の技術であるならば至極便利なのだが、いったん犯罪行為に用いられると、従来の鍵を破壊するタイプの住居侵入や窃盗と違って被害が周囲に気づかれにくいため、事件の捜査がより難航する傾向がある。開錠に慣れた者では、単純なタンブラー錠の場合に短時間で開けてしまうことができるため、これも問題を大きくしている。

 

従来の手法では、開いている窓などから侵入したり、電動工具などを用いて鍵の構造自体を徹底的に破壊する事で、無理やりドアをこじ開けたり、窓ガラスを破って侵入するケースが多かった訳だが、これらでは戸締りがしてある家には侵入できなかったり、工具の動作音や破壊音が大きいため、周囲に気づかれる事があった。しかしピッキング行為では鍵穴を覗き込んだりしながら器具を操作して開錠するため、作業中は十分不審でも数分間程度であけられてしまい、また通常の開錠操作と同じ程度の音しかせず、犯罪の発見を遅らせてしまいやすい。

 

日本では1990年代にこれらに用いる器具が通信販売などで大量に出回って犯罪行為(窃盗やストーカーなどの建造物侵入)に用いられるケースがしばしば発生したほか、1990年代末からは不法入国者を中心とした中国人窃盗団のような外国人グループによる美和ロックのディスクタンブラーを狙ったピッキング犯罪が社会問題化している。中国福建省には日本での泥棒稼業によって建てられた通称「ピッキング御殿」があるという。

 

1990年代に顕著化したストーカー犯罪では、盗聴・盗撮といった問題も取り沙汰されており、特に家屋に住むものが留守中に、侵入した形跡を残さずに鍵を開けて入り込む同手法が問題視されている。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

金庫

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索